louvre-oki’s blog

金沢市 美容室 louvre oki

【スポンサーリンク】

髪のプロのオススメ!ヘアーアイロン編

普段出かける時には髪をカールアイロンで巻いたり
ストレートアイロンを使用したりって方も多いですよね。


カールにせよストレートにせよとっても便利で手軽にヘアアレンジが出来ますよね!

ちょっと巻くだけで印象も変わって可愛くなりますもんね♪
クセが気になる人は髪がうねっているだけでテンションただ下がりしますしね。。。

こんなに便利なヘアーアイロン

ただし、気をつけたいのが「熱による髪へのダメージ

アイロンですから当然、高熱なものを髪に当てているわけです。
(大体140〜180℃くらいで使う事が多いですよね)

髪の毛はタンパク質なのでこんなに高熱な物を長時間当て続けると
当たり前ですが髪が焼け焦げます!

便利だけど使い方を誤ると危険‼︎
まさに「諸刃の剣」と言えるでしょう。


そんな髪のダメージの心配のあるアイロンをダメージレスに快適に
美しい髪へ変身させえてくれるオススメのアイロンをご紹介します。

1. ヘアービューロン

bioprogramming.jp

前にご紹介したヘアビューザーのカールアイロンです。
これが出てきた時は本当に衝撃でした、、、

怪しさ満点の謳い文句で彗星の如く現れたヘアビューロン。

・髪が痛まない

・使えば使うほど髪が潤う
・40℃でもカールを創れる

この40℃ってのが「ホンマかい?」って印象でした。
しかし。。。

本当に40℃の低温でもカールが出来た。。。
電源を入れずに髪に当てて滑らすだけでも髪が潤いまとまるという謎の現象が起こります。
(通常に使う時は140℃〜180℃で使用した方が時間短縮です)


とにかく使ってみて1番の衝撃は、
「熱を加えても髪が硬くならない!パサつかない!」

何よりも仕上がりが『チュルン♪』とした髪になります。

通常、熱を加えた髪はタンパク変性と言って髪の水分が抜けて
硬くカサカサした質感になりやすいのです。

そこで、アイロンを使用する時にはオイル等を使い髪を保護するのですが、
ヘアビューロンはタンパク変性の心配無用です!

ただ、使い方に多少の慣れは必要です。
購入して使用する際には以下の点に気をつけて下さい

・熱の立ち上がりに時間がかかる
・ベースの髪にオイル等はつけない(化学反応がおきて効果が半減する可能性があるらしい)
・物凄く髪の滑りが良い為慣れるまで巻きにくい
・サイズがsとLの2つしか無い(使い慣れた人の多い32ミリが無い)

あと、値段が高いってのはネックですが毎日使って髪に良いのであれば
案外コスパは良いと思います。

サイズはロングの方はL。ショートや細かめにカールを出したい方はSを選ぶと良いと
思います。

いずれにしても、買って損することは無いとっても良いアイテムには間違いありません。

髪を毎日巻いてるけど痛みが心配な方は是非使って下さいね!

リュミエリーナ ヘアアイロン ヘアビューロン L-type 34.0mm HBRCL-GL

リュミエリーナ ヘアアイロン ヘアビューロン L-type 34.0mm HBRCL-GL

リュミエリーナ ヘアアイロン ヘアビューロン S-type 26.5mm HBRCL-GS

リュミエリーナ ヘアアイロン ヘアビューロン S-type 26.5mm HBRCL-GS



次回はストレートアイロン編です。

【スポンサーリンク】