読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

louvre-oki’s blog

金沢市 美容室 louvre oki

【スポンサーリンク】

美容室が苦手って方に捧げる!快適に美容室で過ごす方法

前回の記事
www.okihair.xyz



こんな方は髪を切りたくても美容室に行く事自体が億劫になりがちです。


そんな方へ少しでも快適にストレスフリーで美容室へ行く方法を
現役美容師が伝授します!
f:id:lovre-oki:20170224230228j:plain


❶予約編

初めての美容室なら特に電話で予約するのって抵抗ありますよね。
かと言って、予約なしで行って無駄に待つのは嫌だったり
いっぱいで断られる可能性だってあります。

そんな時はネット予約を活用しましょう!
最早インフラとも言えるホットペッパービューティー等、美容室ポータルサイトなるものが多数存在します。

さらに、最近ではサロン独自にネット予約のシステムを導入している店舗もありますし、
インスタやラインなどSNSからも予約できるサロンも多いです。

こういったネットの活用で電話するストレスは解消になるでしょう!


❷準備編

予約当日は極力ドタキャンや遅刻は避けましょう!
美容師も人間です。ドタキャン、遅刻等はペースが仕事のペースが乱される為、あまり良い顔はされません。

実際に遅刻すると仕上がり予定時刻が大幅に遅れる可能性もあり、
今度は自分の予定が狂う可能性もあります。

やむおえず遅刻しそうな時は遠慮なく連絡しましょう!
そうするとスムーズに事が運ぶ確率が上がります。


さらに重要なのは服装。

なるべくいつもの感じの方が自分により合った髪型になりやすいです。
ただし、フードの厚めのパーカー等、首元がもたつきやすい服は避けましょう!

首元がもたつく服装は美容師がカットしづらく、仕上がりに影響を及ぼしかねないのでオススメしません!


❸カウンセリング編


したい髪型がうまく伝えられない方もいます。
そんな時は、事前に写真を用意しておくと間違いなく伝わります!

ヘアカタログの切り抜きでも良いですし、
その場でスマホを取り出しインスタでも髪型のサイトを見せると良いでしょう!


この時に自宅で自分で出来る範囲も伝えるとなお良しです。
スタイリング剤も使わないなら使わないで済む様に等、
自分の出来る範囲を伝える事で再現性は格段に上がります。

そして、会計金額を最初に伝えられない場合、
総額でいくらになるかも確認しておくとお会計時に安心です。

さらに、サロンでの過ごし方も伝える事で快適度は上がります。

例えば、静かに過ごしたくて余り会話したく無い場合は
「静かに過ごしたい」と伝えるとアレコレ聞かれず必要最低限のやりとりですみます。


ただし、髪に関する質問にはちゃんと応えましょう!
初めてのサロンの場合パーマやカラーの履歴等わからない為、現状の髪の状態を正確に把握する事はとても大事なのです。


❹施術中編


途中でトイレに行きたい等は遠慮せずに言ってOKです!
我慢はしないで下さいね。
髪に関する要望も気になる事があるなら遠慮せずに言った方が
美容師サイドもありがたいものです。


❺お会計編

施術の料金や様々なアナウンスがあると思うのですが、
ここはしっかり聞いておいた方が良いかと思います。

ほとんどのサロンでは技術保証等がありますが、
保証期間や保証内容はサロンによってバラバラです。
ここは確認しておきましょう!

また、シャンプー等のケア用品等のオススメされる事もあると思うのですが、
美容師的には押売りしているつもりは無いはずです。
髪の質感やスタイルの再現性を高める為にも
良かれと思いオススメしているケースが大半だと思うので、(多分。。そうであって欲しい。。。)
もし興味が無いななら「結構です!」と言っても問題ありません。



以上、この内容に参考にすると、きっと快適に過ごせるはずです!
苦手な方もサロンへは定期的に行った方が良いことは確実なので
少しでも苦手意識を無くして快適なヘアーライフを手に入れて下さいね。

【スポンサーリンク】